かけがえのない一瞬

三輪亮介の日常ブログです。ここでは仕事の近況・日々の想いなどを綴りたいと思います。

広告マンガ【進化し続ける最新セキュリティー SOPHOS】

f:id:M-studio:20200125141732j:plain

【ソフォス株式会社様】 最新のサイバー脅威から守る 進化し続けるセキュリティー SOPHOS

急速に進化するインターネット社会は、同時に、変化し続けるサイバーリスクとも常に隣り合わせ。ソフォスはそんな高度なサイバー脅威から、世界150ヵ国以上、40万以上の企業様を保護しています。

今回はそんなソフォスの商品をわかりやすくマンガ化。作画を担当させて頂きました。

画面全体のカラーバランスを、特に意識して着色しています。

>>>>作品を見る

 

 

【制作動画】ウェルカム・タペストリー「つなぐ」


ウェルカム・タペストリー『つなぐ』

 

【制作動画】

2016.08.06

友人の結婚式に使った「ウェルカム・ボード」ならぬ、「ウェルカム・タペストリー」の制作模様です。

 

最近、「クリエイターEXPO2020」に向け、ホームページのギャラリーの充実に努めています。
制作過程など、自分ではなかなか撮らないのでとても貴重で、しれっと撮影してくれていた友人夫婦に本当に感謝です。


よろしければぜひご覧ください!

広告マンガ【企業向け売掛保証 URIHO】

f:id:M-studio:20200125140738p:plain

【株式会社ラクーンフィナンシャル様】 年商10億以下の企業向け売掛保証 URIHO(ウリホ)

 「URIHO」は、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービス。

BtoBのお取引における、未入金リスクは、他人事ではない、いつでも誰にでも起こりうる出来事。

今回は、そんな本当にあった信じられないケースを、「実録!本当にあった怖い取引」としてマンガ化。ネームから担当させて頂きました。

ストーリーテラーを登場させた演出効果にご注目頂けたらと思います。

作品を見る>>>>実録!本当にあった怖い取引 | 売掛金保証サービスURIHO

 

『マンガで経営者列伝 見城徹』作画を担当させて頂きました。

f:id:M-studio:20190628104832p:plain

『マンガで経営者列伝 見城徹

幻冬社代表取締役」として認識されている方は多いと思うのですが、そんなものは多くの肩書きや伝説を持つ見城さんのほんの一部でしかありません。

そんな生きる伝説の見城徹氏の人生の(ほんの一部ですが)ハイライトが、この度マンガ化されました。僭越ながら、作画を担当させて頂きましたので、ぜひお楽しみいただけたら幸いです。

 

■『マンガで経営者列伝 見城徹

https://www.bracomi.co.jp/n/n04f77950e861

 

特に見城さんをまだご存知ない若い世代の方々に、少しでも見城さんに親しみを持って頂ければと思います!

 

以下、見城徹 - Wikipediaより引用

続きを読む

特集ページ『マンガでわかる 伝説の新人』

f:id:M-studio:20190521174103p:plain

特集『マンガでわかる伝説の新人』(集英社) 著:紫垣樹郎/シナリオ:秋内常良/画:三輪亮介

『伝説の新人』のエッセンスをいくつか紹介して頂いています。まだ本書を読まれていない方にもご興味を持っていただければと思います。

また、著者である紫垣樹郎さんのロングインタビューも掲載。7年前の出版と、現在とでの出版の意図の違いや、ご経験に基づく具体的なエピソードを絡めた解説は必見です。

www.sinkan.jp

東京新聞2019/5/17に掲載されました!

f:id:M-studio:20190520174455j:plain

コンプライアンスを漫画、ラジオで」東京新聞20190517

今年2019年4月に「マンガでわかるスポーツコンプライアンス」がラジオドラマ化されたことを受け、2016年8月当時の制作模様についてご取材いただきました!

 

新聞に載る日が来るなんて、人生何があるかわからないですね。

「いいことで新聞に載ってよかったね」と母。

どういう意味だ。。(笑)

www.tokyo-np.co.jp

「学生」と「社会人」の違い

f:id:M-studio:20190416142519j:plain

『マンガでわかる伝説の新人』(集英社)著:紫垣樹郎 シナリオ:秋内常良 画:三輪亮介

「学生」の方が「社会人」になるときに、一度は考えることではないでしょうか。

「学生時代」は、人生80年と捉えたとき、小中高(大・短・専)の14~16年分しかない「特殊な時期」です。その後の「社会人生活」の方が、人生に占める割合ははるかに長いのです。

さて、色々な考え方、切り口があると思います。

本著では、このように話が展開していきます。

ぜひ、周囲の方とご一緒に考えていただくきっかけになればと思います。

続きを読む